第6回ゲノム病理標準化センター講習会レポート

開催概要

AMED委託事業「オーダーメイド医療の実現プログラム」
第6回 ゲノム病理標準化センター講習会
ゲノム研究に資する質の高い組織バンキングのための講習会

日時:平成28年7月24日(日)9時~16時(受付開始:8時30分)
場所:東京大学医学部附属病院 入院棟A 15階 大会議室

プログラム

7月24日(日)

  受付開始:8時30分~  
1.講習会主催者・日本病理学会 挨拶 9時-9時5分
  東京大学医学部大学院医学系研究科 人体病理学・病理診断学分野 教授
日本病理学会 理事長
深山 正久
2.開催に当たり  
  日本医療研究開発機構 挨拶 9時5分―9時10分
  日本医療研究開発機構 バイオバンク事業部長 加藤 治
3.講義  
-1. ゲノム医療実現に向けたオーダーメイド医療の実現プログラムの取り組み           9時10分-9時40分
  理化学研究所 統合生命医科学研究センター 副センター長 久保 充明
-2. 東京大学医科学研究所におけるBBJ 病理組織バンキング 9時40分-10時10分
  東京大学医科学研究所 所長 村上 善則
休  憩 (15分)
-3. ヒト病理検体からのゲノム診断と研究 10時25分-11時55分
  日本病理学会ゲノム病理診断検討委員会 委員長
九州大学大学院医学研究院 形態機能病理学 教授
小田 義直
昼 食 (11時55分-13時10分)
-4. ゲノム研究用病理組織検体取扱い規程の解説 (1)13時10分-14時10分
― 休憩(10分)― 
(2)14時20分-15時30分
  日本病理学会ゲノム病理組織取扱い規約委員会 委員長
慶應義塾大学医学部 病理学教室 教授
国立がん研究センター研究所 分子病理分野 分野長
金井 弥栄
休  憩 (10分)
     
4. 閉会の辞・修了証書授与式 15時40分~

講習会の様子(Photo Gallery)